• roots
  • concept
  • creation
  • education
国立研究開発法人 理化学研究所 様

国立研究開発法人 理化学研究所

世界の科学を牽引する理化学研究所と、本の可能性を追求する編集工学研究所による、科学×本のプロジェクト。
書籍を通じて科学者の生き方・考え方や、科学のおもしろさ・素晴らしさを伝えることを目指して魅力的な書籍100冊を選定し、全国の書店・図書館・教育機関で「科学道100冊」フェアを開催。出版業界のみならず、教育業界からも大きな反響を得ました。
  2017年2月〜「科学道100冊」フェア(全国約430ヶ所で開催)
  2017年10月〜「科学道100冊ジュニア」フェア(全国約800ヶ所で開催)

 

プロジェクトの背景

2017年、理化学研究所が100周年を迎えるにあたり「理研のこれまでの実績とこれからのビジョンに関して、どのように社会にメッセージを発信できるか」というブランディングの一環としてご相談いただきました。 コンセプト設計だけでなく、幅広い人々に認知を上げ、科学に興味を持つきっかけとなるようなプロジェクトにしたいという要望でした。

実施内容

科学道100冊プロジェクト

科学者の生き方・考え方や科学のおもしろさ、素晴らしさを幅広い人々に届けていくために。
コンセプトの設計から、科学×本のフェアの実施まで行いました。

phase1:「科学道」のコンセプト設計

「科学道」〜理研が担う、理研が育む、理研に集う
理化学研究所はいつの時代も科学の力を信じて未知を切り拓いてきた、という意味を込め、これからの100年を目指す言葉として「科学道」というコンセプトを設定。
インナーブランディングの目的として、理研所内の4000人の研究者・職員へ配布するパンフレットを編集・制作しました。

 

phase2:『科学道100冊』フェア2017/2〜

科学道というコンセプトを多くの人に知ってもらい科学の楽しさを伝えるため、科学者の姿勢を100冊の本で表現し、全国の図書館や書店で紹介する企画を設計しました。
「科学者の思考」を6つのステップに分け、それぞれに関連する本を選書しました。

phase3:『科学道100冊 ジュニア』フェア2017/10〜

好評を受け、秋には小学生向けに「科学道100冊ジュニア」が立ち上がりました。好奇心をくすぐるような絵本や児童書も選書しています。

展開

SELECT BOOKS

科学者の思考を6ステップ100冊で表現し、子どもから大人まで楽しく学べる選書を実現。

書店・図書館・教育機関への展開

選ばれた100冊は全国300ヶ所以上の書店・図書館・教育機関で展開。
書棚を演出するツールとともに、全国の書棚を華やかに彩りました。

ブックレット

 

 

ブックレットを制作し、手軽に科学道100冊に触れられるよう工夫。
編集・デザインともにご好評いただきました。

オリジナルキャラクター

新たにキャラクターを制作し、本プロジェクトへの親しみやすさを演出しました

WEBサイト

100冊のラインナップを閲覧できるほか、ウェブサイトからフェアの申し込みもできます。

 

〉科学道100冊公式サイトへ

メディア掲載

 ・朝日新聞170312
 ・産経新聞171015
 ・クーリエ・ジャポン(WEB)連載  など

 

その他:図書館・教育現場からの反響
「普段科学に興味のなかった子供たちも、積極的に借りていきました」
「大人も子どもも「科学」に興味を持てる良い展示だと思います」
「毎朝の読書タイムで生徒たちが自主的に手にとって読んでいます」
「ラーニングコモンズの素地を育む良い機会にもなりました」
「文系理系問わず、知的好奇心をくすぐられる100冊です」
「美しいデザインの冊子や、展示グッズも素敵でした」

パートナー(企業・クリエイター)

ウェブ制作  カドベヤ
デザイン   佐伯亮介
イラスト   くにともゆかり
   
企画協力   フライシュマン・ヒラード・ジャパン株式会社
流通協力   日本出版販売株式会社
TRC      (図書館流通センター)

関連 WORKS

あわせて読みたい 千夜千冊