ニュース

[イベント・セミナー] 2018年7月27日

[レポート]探究型読書ワークショップ開催


 
 

7月25日、DOCOMO Innovation Villageにて、編集工学シリーズ第1弾として、「探究型読書のススメ」を開催しました。講師は編集工学シニア・コンサルタントの安藤昭子。読書をビジネスに活用する方法を講義とワークショップでお伝えしました。

探究型読書=Quest Reading」は編集工学が提唱する読書方法です。その定義は、「物事を深く思考し、自分の考えを組み立て、事の本質を追求し続けるための、“手段としての読書”のこと」です。読書を目的とするのではなく、自らの考えを組み立てるための”手段”としての読書を指します。

 
 


 
 
当日は、普段なかなか読書ができない方や読書の方法がわからないといった方に数多くお集まりいただき、2時間で1冊の本を探究する方法を学んでいただきました。弊社オリジナルの「Quest Readingワークブック」を使うことで、読むことと書くことを繰り返し、本にある情報を自分の知識に変換する手法を習得していただきました。

 
「本に向かう姿勢について学べました。
 特に”席”をあえてつくること、
 モヤモヤとスッキリを繰り返すことが印象に残っています。」
 
「読書はもともと好きなので、
 思考、アウトプットできたのが楽しかった。」
 
「具体的なワークを通じて理解が深められた。
 『直感のマネージ』『論理の飛躍』が納得感あった。」
 
「充実した2時間でした。
 早速取り入れて読書したいと思います」
 
「1冊の本を単に最初から
 順序よく読むべきではないことを痛感した。」
 
「アナロジカルとロジカルシンキングの編集力がよかったです。」

 

など、参加者のみなさんには、これからの読書が変わる手応えを感じていただきました。
 

編集工学シリーズは毎月開催していきます。
次回は8月23日(木)です。ぜひお誘い合わせの上、ご参加ください。
 
 
当日の様子はこちらをご覧ください。
 
 

 
 
「探究型読書」の開催に関しては、お気軽にお問い合わせください。