ニュース

[イベント・セミナー] 2017年4月16日

4/21 松岡正剛が『多田富雄コレクション』発刊記念イベントに出演

4月21日(金)、18:30に開催される『多田富雄コレクション』(全5巻)発刊記念イベント「多田富雄の仕事 科学と芸術の統合」の第二部・対談セッションに、松岡正剛が出演します。会場は浜離宮朝日ホールです。

本イベントは、4月に藤原書店から刊行される『多田富雄コレクション』(全5巻)を記念して開催されるものです。「多田富雄を語る」と題し、JT生命誌研究館館長・理学博士である中村桂子さんと対談、司会進行を劇作家の笠井賢一氏が務めます。

多田富雄は松岡正剛が敬愛する世界的免疫学者であり、能作者、詩人、随筆家。千夜千冊でとりあげた多田富雄『免疫の意味論』(986夜)では、多田富雄のこれまでの対話(五木寛之、井上ひさし、白洲正子、石牟礼道子など)を複式夢幻能のような記述スタイルで綴り、「スーパーシステム論」に呼応しています。

対談相手の中村桂子は筑波の科学万博(1985年開催)以来の交友。2016年には千夜千冊で中村さんの著作を取り上げ、その生命論的世界観と編集力を絶賛しています(1618夜)。

<プログラム>

『多田富雄コレクション』(全5巻)発刊記念イベント
「多田富雄の仕事―科学と芸術の統合」

[第1部] 多田富雄・詩と能の世界新作能「無明の井」より
詩「歌占」「新しい赦しの国」ほか
野村四郎(能楽師、観世流シテ方、人間国宝)
坪井美香・國府田達也・松田弘之・設楽瞬山・橘政愛
[構成・演出]笠井賢一

[第2部] 多田富雄を語る
〈対談〉
 中村桂子(JT生命誌研究館館長)
 松岡正剛(編集工学研究所所長)
[司会進行]笠井賢一

日時 2017年4月21日(金)
18:30~20:30(開場18:00)
会場 浜離宮朝日ホール (小ホール)
〒104-8011 東京都中央区築地5-3-2 朝日新聞東京本社・新館2階
入場料 3000円 (定員350名・全席自由・先着順)
申込み・お問合せ 株式会社 藤原書店
Tel.03-5272-0301
詳細 ホームページ