ニュース

[イベント・セミナー] 2017年10月21日

11/4 松岡正剛『擬』出版記念講演会「もどき仕事」開催

[追加情報]いとうせいこうさんの特別出演が決定しました!

 

11月4日(土)、新宿・紀伊国屋ホール(紀伊国屋書店新宿本店4F)で、松岡正剛の最新著書『擬―「世」あるいは別様の可能性』の出版記念講演会を開催します。松岡正剛がこれまで世に出し、世に問うてきた仕事の数々を紹介しながら、「ほんと」と「つもり」をどのように重ねてきたのかを”白状”しつつ、『擬』に込めた編集的世界観を語ります。ぜひ、ご参加ください。

 

日時:2017年11月4日(土)19:00開演(18:30開場)
場所:紀伊國屋ホール (紀伊國屋書店新宿本店4F)
入場料:1500円
出演:松岡正剛・いとうせいこう
申し込み方法:(事前申し込みが必要です)

▼キノチケットカウンター
(新宿本店5階/店頭販売 受付時間10:00~18:30)

▼キノチケオンライン(24時間受付)で、チケット購入をお願いします。

詳細はこちら

10月から「科学道100冊ジュニア」ついにスタートします!|編集工学研究所

ニュース

[トピックス] 2017年9月27日

10月から「科学道100冊ジュニア」ついにスタートします!

 

理化学研究所と編集工学研究所が、
科学の面白さ、深さ、広さが伝わる“科学道100冊“を選書し、
全国の書店、図書館、教育機関に展開してきた
「科学道100冊フェア」ですが、
ご好評により「ジュニア版」がいよいよスタートします。

本フェアは、書籍を通じて科学者の生き方・考え方を紹介し、
科学の面白さ・素晴らしさに気づいてもらうことを目的に、
子どもに向けて、厳選された100冊の書籍を提案するものです。

 

「科学道100冊ジュニア」とは?

 

 

 

理研創立100周年の2017年春にスタートした
「科学道100冊」フェアは全国400ヶ所を超える
書店・図書館・教育機関で展開され好評を得ました。
秋からはフェアの第2弾として、子どもたちに向けて、
ワクワクするような100冊の本を選んでいます。

 

特設サイトはこちら

 

書棚を魅力的に演出する展開ツール

 

 

全国の書店・図書館で展開いただくために、
本棚を魅力的にする展開ツールをご用意しています。

 

ご参加方法

 

 

参加資格

   教育機関・公共図書館・各種団体

参加条件

1.科学道100冊の選書のうち最低30冊を揃えて展示いただくこと。
※書籍の購入は各団体様にお任せしております。

2.参加団体として当サイト上にて掲載させていただくこと。
※教育機関は「一般公開なし」として学校名のみの掲載となります。

3.ご参加後、開催風景の写真や感想等をお送りください。

参加方法

こちらからエントリーください。
みなさまのご参加をお待ちしております!
ご提供物はお申込後、1ヶ月以内にお届けいたします。

5/25 松岡正剛、空海大賞受賞(授賞式のお知らせ)|編集工学研究所

ニュース

[イベント・セミナー] 2017年5月17日

5/25 松岡正剛、空海大賞受賞(授賞式のお知らせ)

designed by MIKAN-DESIGN

弊社所長・松岡正剛が、「密教21フォーラム」が新しく創設した「空海賞」の第一回大賞を受賞することになりました。

「密教21フォーラム」は、1997年に設立された真言宗僧侶によるネットワーク組織です。 空海密教の方法に学び、その意義をさまざまなメディアやイベントによって現代に蘇らせる活動をしています。「空海賞」は、空海の偉業に倣って学芸・学術・国際貢献・社会貢献・大師讃仰・寺院再興などの分野で業績をあげた個人または団体を顕彰するというものです。

5月25日には、授賞式が開催され、松岡正剛が記念講演も行います。空海密教について、また松岡正剛の活動についてご興味のある方は、授賞式および記念講演にご参加いただけます。

 

第一回「空海賞」贈呈式および記念講演

日時:2017年5月25日(木) 15:00~
場所:ホテル「椿山荘」東京 1F ウィステリアルーム
(旧フォーシンズンズホテル「椿山荘」)
https://hotel-chinzanso-tokyo.jp/access/

15:00~ 贈呈式
大賞 松岡正剛
ほかに学術奨励賞、国際貢献賞、青年会顕彰賞の贈呈あり

 

16:00~ 記念講演 松岡正剛 (120分の予定)

*参加ご希望の方は、松岡正剛事務所にお問い合わせください。
電話番号:03-5301-2212 (担当・太田)

4/21 松岡正剛が『多田富雄コレクション』発刊記念イベントに出演|編集工学研究所

ニュース

[イベント・セミナー] 2017年4月16日

4/21 松岡正剛が『多田富雄コレクション』発刊記念イベントに出演

4月21日(金)、18:30に開催される『多田富雄コレクション』(全5巻)発刊記念イベント「多田富雄の仕事 科学と芸術の統合」の第二部・対談セッションに、松岡正剛が出演します。会場は浜離宮朝日ホールです。

本イベントは、4月に藤原書店から刊行される『多田富雄コレクション』(全5巻)を記念して開催されるものです。「多田富雄を語る」と題し、JT生命誌研究館館長・理学博士である中村桂子さんと対談、司会進行を劇作家の笠井賢一氏が務めます。

多田富雄は松岡正剛が敬愛する世界的免疫学者であり、能作者、詩人、随筆家。千夜千冊でとりあげた多田富雄『免疫の意味論』(986夜)では、多田富雄のこれまでの対話(五木寛之、井上ひさし、白洲正子、石牟礼道子など)を複式夢幻能のような記述スタイルで綴り、「スーパーシステム論」に呼応しています。

対談相手の中村桂子は筑波の科学万博(1985年開催)以来の交友。2016年には千夜千冊で中村さんの著作を取り上げ、その生命論的世界観と編集力を絶賛しています(1618夜)。

<プログラム>

『多田富雄コレクション』(全5巻)発刊記念イベント
「多田富雄の仕事―科学と芸術の統合」

[第1部] 多田富雄・詩と能の世界新作能「無明の井」より
詩「歌占」「新しい赦しの国」ほか
野村四郎(能楽師、観世流シテ方、人間国宝)
坪井美香・國府田達也・松田弘之・設楽瞬山・橘政愛
[構成・演出]笠井賢一

[第2部] 多田富雄を語る
〈対談〉
 中村桂子(JT生命誌研究館館長)
 松岡正剛(編集工学研究所所長)
[司会進行]笠井賢一

日時 2017年4月21日(金)
18:30~20:30(開場18:00)
会場 浜離宮朝日ホール (小ホール)
〒104-8011 東京都中央区築地5-3-2 朝日新聞東京本社・新館2階
入場料 3000円 (定員350名・全席自由・先着順)
申込み・お問合せ 株式会社 藤原書店
Tel.03-5272-0301
詳細 ホームページ
[NHK]SWITCHインタビュー 達人達|松岡正剛×コムアイ|編集工学研究所

ニュース

[メディア関連] 2017年4月15日

[NHK]SWITCHインタビュー 達人達|松岡正剛×コムアイ

弊社所長・松岡正剛と水曜日のカンパネラのコムアイが、4月15日にNHK Eテレで放送される『SWITCHインタビュー 達人達(たち)』に出演します。

編集工学者・松岡正剛と、斬新な楽曲で多くのファンを魅了するアーティスト・コムアイが情報や文化について自在に語り合います。

番組では松岡がコムアイの音楽スタジオを、コムアイが膨大な書物に埋め尽くされた松岡の事務所を訪ね、仕事への取り組み方から日本文化の現状までを語り尽くします。ぜひご覧ください。

番組名 SWITCHインタビュー 達人達(たち)
日時 2017年4月15日(土)22:00~23:00
放送 NHK Eテレ
詳細 番組ホームページ
松岡正剛監修・近畿大学「アカデミックシアター」オープン|編集工学研究所

ニュース

[トピックス] 2017年4月11日

松岡正剛監修・近畿大学「アカデミックシアター」オープン

近畿大学(大阪府東大阪市)は、東大阪キャンパスに新たな学術拠点「ACADEMIC THEATER(アカデミックシアター)」を開設し、平成29年(2017年)4月6日(木)にオープンしました。

「アカデミックシアター」内の新図書館「ビブリオシアター」は松岡正剛が監修を務め、編集工学研究所が企画・選書を行いました。「文理の垣根を越えて社会の諸問題を解決に導くための学術拠点」をコンセプトに今までにはない図書分類「近大INDEX」をつくり、学生に本との出会いを誘発する空間をつくりました。

ビブリオシアターは1階を「NOAH33(ノア33)」、2階を「DONDEN(ドンデン)」と名付け、「NOAH33」は独自の新たな実学的・分理融合的な文脈で分類した一般図書を中心に約3万冊で構成されています。NOAHは「New Order of Academic Home」の略で、超近大の明日のために多様な世代が乗り合わせる「知の方舟(はこぶね)」となることを目指しています。

2階「DONDEN」は2万2千冊のマンガを中心に新書・文庫を並置する計約4万冊で構成されています。学生の関心が高いマンガから入って、知のつながりを感じ、知の奥へ向かうための「知のどんでん返し」が起こることを目指しています。

▽NOAH33

 

▽DONDEN

 

理化学研究所と編集工学研究所 ブックフェア「科学道100冊」を開催|編集工学研究所

ニュース

[トピックス] 2017年1月26日

理化学研究所と編集工学研究所 ブックフェア「科学道100冊」を開催

kagakudo

日本で唯一の自然科学の総合研究所である理化学研究所と本の可能性を追求する編集工学研究所は、2月初旬から3月末まで、全国100店舗を超える大型書店および図書館にて、ブックフェア「科学道100冊」を開催します。

本フェアは、すべての人に向けて、書籍を通じて科学者の生き方・考え方を紹介し、科学の面白さ・素晴らしさに気づいてもらうことを目的に、厳選された100冊の書籍を提案するものです。

「科学道100冊」は、未知に挑戦しながら未来を切り開いていく科学者の姿勢や方法に着目し、すべての人の生きるヒントになる本との出会いを目指します。前に進みたいと考えている人が勇気と方法を得るために、知りたい気持ちから未来をひらく科学者たちの見方・生き方・考え方が参考になると考え、科学者の思考プロセスを6つのテーマで切り分け、それぞれのテーマに沿った書籍を選び出しました。

選び抜かれた100冊は、フェア特設サイト( http://kagakudo100.jp/ )にてご覧いただけます。また、提携書店では期間中、フェアのオリジナルキャラクターのしおりとブックレットを選書購入者にプレゼントします。
kagakudo3

▽書店フェア「科学道100冊」 開催概要

【開催期間】
2017年2月初旬より3月末日まで※
【開催店舗】
丸善丸の内本店、ジュンク堂書店池袋本店、
紀伊國屋書店新宿本店をはじめとする
全国の大型書店119店舗および図書館
(開催店舗名・図書館は別紙をご参照ください)

選書テーマ 知りたい気持ちから未来をひらく、科学者たちの見方・生き方・考え方。その思考のプロセスを 6つのテーマで取り出した、前に進みたいすべての人に贈る、勇気と方法の「科学道100冊」

[テーマ1]はじまりは疑問
誰もが見落としてしまうような
素朴な疑問から科学の道ははじまる。
ひらめきをつかまえる20冊。

[テーマ2]果てしない収集
美しい蝶を追いかけるように
「夢中になる」ことは最高の学び。
科学少年のトキメキを感じる20冊。

[テーマ3]導かれたルール
身の回りに目を凝らしてみると
驚くべきヒミツの法則が見えてくる。
自然の方程式を解く15冊。

[テーマ4]めくるめく失敗
実験と失敗を繰り返しながら、
数々の大発見をしてきた科学者たち。
失敗は成功へのプロセスと気づく15冊。

[テーマ5]まるで魔法
今では当たり前に思えるものも
世界を変える大発見だった!
科学の技術革命をたどる15冊。

[テーマ6]未来のはじまり
AI、VR、ビックデータ……
世界はどんなふうに変わっていくのか。
科学の視点から未来を見通す15冊。

【購入特典】
「科学道100冊」オリジナルしおり(数量限定)
「科学道100冊」のオリジナルキャラクター「科学道博士」「分子ちゃん」「ライトくん」のかわいらしいしおり(全6種類)を選書購入者にプレゼント

kagakudo2

 

【   フェア特設ページ   】

10/11 アカデミーヒルズで大澤真幸×松岡正剛|編集工学研究所

ニュース

[イベント・セミナー] 2016年9月30日

10/11 アカデミーヒルズで大澤真幸×松岡正剛

hills_event

2016年10月11日 (火)、六本木アカデミーヒルズが主催するセミナー「六本木アートカレッジ」で、社会学者・大澤真幸さんと松岡正剛による対談イベントが行われます。

ジャパンウェア~日本型ベンチャースピリットの行方~」と題し、日本に潜んでいる特有の風土や文化や方法を捉え直し、グローバル時代を生き抜くためのメソッド(=実践知)を語り合う。20年来の交友をむすび、数々のイベントで共演してきた2人は一体どんな話を繰り広げるのか。
知性と知性がぶつかりあう日本談義を、どうぞお楽しみに。

————————————————-
「これからのライフスタイルを考える」セミナーシリーズ
■第7回「ジャパンウェア~日本型ベンチャースピリットの行方~」(2016年10月11日開催)
松岡正剛(編集工学研究所所長)×大澤真幸(社会学者)
19:00~20:30
※受付開始は18時30分頃を予定しています。

詳しくはコチラ

編集工学研究所のニュースメディア『EEL PRESS』2016 Summer発行!|編集工学研究所

ニュース

[メディア関連] 2016年9月30日

編集工学研究所のニュースメディア『EEL PRESS』2016 Summer発行!

編集工学研究所内では所内のニュースやイベント情報など、皆さんにもっと知っていただきたいと思い、初の自社メディアとして『EEL PRESS』を発行しました。

 

eelpress_web
A3 四つ折り。うなぎのキャラは編工研のヌシ、Dr.EEL。

 

第1号となる2016 Summer版では、「編工研BOOKマップ」を中心に制作しました!
所内には6万冊もの本があるのですが、なかでも日本に関する本が2万冊ならぶ1階「本楼」は、4mの天高を生かした本の異空間です。ステージもあり、EditTourをはじめとしたイベントも頻繁に開催されています。

 

eelpress0808-map
本楼のマップを中央に、ニュース・イベント情報が周りを囲んでいます。

 

2万冊の本は、大きく以下の4つに分類され、知が網羅されています。

▽日本有史エリア:神話の時代〜現代まで
▽文藝エリア:古典〜現代文学まで
▽技能エリア:書道・華道・茶道・工芸・祭りなど
▽神仏エリア:神道・仏教・民俗学など

各エリアには見つけるとラッキーなKeyBookや、本楼の空間の注目ポイントも載っていますので、ご来所された方は、これを手に、探索してみてください。

 

また、マップを取り囲むニュース欄には、2016年度上半期のプロジェクトやイベントのニュース、スタッフの紹介欄もありますので、ぜひお楽しみください!

 

 

池澤夏樹「日本文学全集」に千夜千冊収録|編集工学研究所

ニュース

[メディア関連] 2016年9月15日

池澤夏樹「日本文学全集」に千夜千冊収録

img1

河出書房新社で刊行されている「日本文学全集」(池澤夏樹=個人編集)の最新刊「日本語のために(30巻)」に、千夜千冊544夜『五十音図の話』(馬渕和夫著)が収録されました。

本巻は、古代の祝詞から日本国憲法まで、辞書の言葉や翻訳比較なども交えながら、「日本語」の文体のサンプルと日本語に関する考察を一堂に会したアンソロジー本です。

池澤夏樹さんに卓抜な編集力を認める松岡正剛は、本書に採録されるにあたり、元の原稿に大幅な加筆修正を施しました。
是非お手にとって千夜千冊との違いもお楽しみください。

――「五十音図」と「いろは歌」、その奥に何重もの対比と相克と離別を繰り返した「真名」と「仮名」。このことを語らないで、どうして日本を問題にできるだろうか。 ――
千夜千冊第544夜「五十音図の話」より