ニュース

[トピックス] 2014年1月10日
[お知らせ]~仕事始めに初詣~本年もどうぞよろしくお願いいたします

新年、あけましておめでとうございます。2014年、新たな1年が始まりました。
編集工学研究所は、ここ、豪徳寺の新オフィスにて2度目の新年を迎えることとなりました。
仕事始めとなった1月6日、1階ブックサロンスペース「本楼」を飾り、お屠蘇を交わすところからこの1年をスタートしました。

「本楼」の大テーブル「ブビンガ」の正月飾り

全スタッフが集合して、お屠蘇を交わしました。

例年、スタッフ一人ひとりが自身の抱負を語るところから、1年の仕事が始まります。
そして所長・松岡正剛からはスタッフに対し、「ルール・ロール・ツールを確立すること」、「習慣にかまけず、しかし習慣の深さに目覚めること」、「自分の中にあるセンサーを把握すること」といったいくつかの“お題”が、今年のテーマとして与えられました。

新年を寿ぐ正月仕様の「本楼」にて、スタッフに
今年の“お題”を出す松岡。


その後は、近所の「世田谷八幡宮」まで全員で初詣に行きました。勝運・開運の神様として知られています。

勝運・開運の神様「世田谷八幡宮」

神前で拍手を打つ松岡正剛


編集工学研究所の2014年の年賀状ご挨拶文は、「本年は初心にかえって工劇です」。

松岡正剛が古希を迎え、イシス編集学校が設立15年となるため、「工劇」の1年とすることを年始の誓いに立てました。
みなさま、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

初詣を終えて、スタッフ全員で記念撮影。

(広報・渡辺)

  • twitter