ニュース

[メディア関連] 2013年6月24日
[お知らせ]6月28日(金)
schooで2回目のライブ授業「情報編集力を鍛える」

2013年6月28日(金)WEB上で生放送の授業を配信をしている学校 schoo(スクー)に 「イシス編集学校」が再び登場します。

「情報の扱い方を知るための編集実践授業」
第2回目:2013年6月28日(金) 21:00~22:00
~「情報の単位」「ある・ない」について知る~

先週6月21日(金)に、情報の扱い方を知るための連続授業第1回目として、"「注意のカーソル」について知る"をテーマに講義を行いました。私たちが情報に触れるとき、どのように意識を動かしているのか。具体的に「昨日はどんな一日だったのか」を思い出すことで、人、物、場所など自分の「注意の矢印」がどこに向かっているのかに気づき、意識をして動かすことを実践しました。

*当日の講義はこちらからご覧になれます:http://schoo.jp/class/173

第2回目となる今回の授業は、「情報の単位」「ある・ない」という情報の扱い方を知る講義で、私たちの頭の中でいかにして「イメージ」が動いているのかを知り、「イメージ」を情報として整理し、扱うメソッドを具体的に取り出していきます。

講師は、今回もイシス編集学校ベテラン・コーチの大川雅生。
出版、広告制作、マーケティング企画、ブランディング、文化事業などを経て、1996年より編集工学研究所に参画し、イシス編集学校の創設に関わり、コース開発、カリキュラム作成、コーチ育成などを主導。頭取(全体統括)を経て、情報編集術ワークショップ講座、企業研修において約5000名を指導してきました。

第1回目の講義では、お題のやり取りだけでなく、その出題意図を尋ねる参加者の方もいるなど、とても熱心な授業となりました。

今回の授業も、スクーならではライブな情報のやりとりを生かし、参加者のみなさんと「情報の扱い方」について活発に交わし合います。ぜひ、お楽しみください。

  • twitter