ニュース

[トピックス] 2013年5月1日
[イベント]5/12(日)[遊]物語講座の
「感門之盟」開催。ゲスト・鴻巣友季子さん

2013年5月12日(日)、世田谷区赤堤の編集工学研究所ISIS館・1階【本楼(ほんろう)】にて開催するイシス編集学校[遊]物語講座の修了式イベント「感門之盟(かんもんのめい)」に、翻訳家・鴻巣友季子さんがゲストとして登場いたします。

◎イシス編集学校 第35回 感門之盟◎
-----------------------------------------
       ≪翻≫
  はためく編集・ひるがえる物語
-----------------------------------------

学生時代から翻訳の仕事にたずさわり、エミリー・ブロンテ著『嵐が丘』(新潮文庫 2003年)やJ.M.クッツェー著『恥辱』(早川書房 2000年)などの翻訳や、エッセイストとして活躍する鴻巣友季子さん。

"翻~はためく編集・ひるがえる物語"をテーマに開催される今回の感門之盟では、現在翻訳をすすめているマーガレット・ミッチェル著『風とともに去りぬ』を紹介しつつ、原作を日本語に翻訳し、翻案してきた自身の体験やその方法を明かします。

翻訳家・文芸評論家・エッセイスト
19歳で翻訳家を目指し、柳瀬尚紀の門を叩くも弟子入りを断られ仕方なく運転手になる。お茶の水女子大学院在学中に翻訳家としてデビュー以後、トマス・H・クック『緋色の記憶』、後にノーベル文学賞を受賞したJ・M・クッカーの『恥辱』などを翻訳。 2003年、ブロンテ『嵐が丘』の新訳が話題に。現在はマーガレット・ミッチェル『風と共に去りぬ』の新訳が進行中。著書に、『明治大正 翻訳ワンダーランド』『孕む言葉』『カーヴの隅の本棚』『全身翻訳家』など。

鴻巣さんは、松岡校長が塾長をつとめた「連塾」ブックパーティー・スパイラルや、松丸本舗のブック・トークショー「本屋本談」にもゲスト出演。独自の"付箋"ポストイット活用読書法を披露してくださいました。

イベントの後半では、「物語を読むだけでなく、つくりだすことが必要な時代」と考えるイシス編集学校校長・松岡正剛が、世界の物語の奥にある型とその秘密に迫ります。

*「感門之盟」はイシス編集学校の講座受講生や、ネット上の教室を受けもった師範・師範代と呼ばれる講師陣が参加する修了式イベント。[遊]物語講座では、物語マザーと呼ばれる古今東西の「物語の型」を土台に、5本の物語を創作して一冊の作品集を仕上げました。


今回の感門之盟では、講座修了者以外の一般の方のご参加も募集しております。参加申し込み及び概要は、下記をご覧ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                概要 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[日時]  2013年5月12日(日)
      受付開始 13:30
      開演 14:00~19:30(予定)

[会場]  編集工学研究所ISIS館 1階【本楼】
      世田谷区赤堤2−15−3
      地図:http://www.eel.co.jp/access.html

[参加費] 8,000円

     ※商品カートより事前にお支払いください。
     http://es.isis.ne.jp/shop/products/detail.php?product_id=122

[申込締切]残席わずかですが、受け付けております。

 ※当日の「首下げ名札」用にご職業をお聞きしております。
  申込み画面の「問い合わせ欄」に可能な範囲で構いませんので、
  会社名、職種などなるべく具体的にご記入をお願いいたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • twitter