技術と展開

編集プラットフォームとは、編集工学の「3つの力」を駆動させるための、基盤となるシステムです。

編集プラットフォームを構成しているのが「編集モジュール」です。OSとMiddlewareが組み合わさることで、Softwareであるさまざまな施策をアウトプットします。

Application Software

具体的な目的に対する方法論を実装した編集モジュール。
プロジェクトに応じて、施策や方策がアウトプットされます。

Middleware

組み換え可能な中間レイヤー。
クライアントや環境に合わせてオーダメイドで組み替え、柔らかな基盤を用意します。

Editing OS

編集工学を蓄積した方法的基盤。
このOSを土台とすることで、柔軟なMiddlewareと個別特化したSoftwareが生まれます。